β-グルカンT顆粒

かけがえのないあなたの人生に

β-グルカンT顆粒

パン酵母由来のβ-グルカン330 mg配合で、
人が本来もつ「健やかであろうとする力」を応援

こんな方におすすめです!

β-グルカン70%以上含有のパン酵母抽出物

高純度βーグルカン。1包あたり330 mg配合

β-グルカンT顆粒の原材料となるパン酵母抽出物は、特許として登録された方法により、パン酵母の細胞壁からマンナンなどの成分を除いて抽出・精製することで、70%以上という高純度のβ-グルカン量を達成しています。
残りは、タンパク質や脂質、灰分、水分などで、ダイオキシンや重金属などの有害物質は含まれていないことが確認されています。

長年研究を続けてきたパン酵母と向き合い、洗練された抽出方法を編み出すことで、高価な栄養成分として知られたβ-グルカンを、1包あたり330 mg含有した製品を実現しました。330 mgという含有量は他の成分とのバランスをとりながら、確実に1包で摂取できるよう、できるだけ多目に配合した結果です。


※特許第2828799
    発明の名称:酵母グルカンの製造方法
高純度βーグルカン。1包あたり330mg配合
長年の研究により、1包あたり330 mgを実現

甜茶エキス120 mg配合で、ほんのり甘い後味

ダマにならず、飲みやすい「顆粒」タイプ

中国では昔から愛飲されている甘いお茶。
中でも、バラ科の「甜茶(てんちゃ)」はポリフェノールを多く含みます。
βーグルカンT顆粒には、この甜茶エキスが120 mg配合されているから、ほんのり甘い後味に。ダマにならずに飲みやすい「顆粒」タイプです。
ダマにならず、飲みやすい「顆粒」タイプ
βーグルカンT顆粒の “ T ” は「甜茶」の “ T ”

厳格な管理下での国内生産。
安全性と品質を徹底しています

日清製粉グループ独自の品質保証体制

食の安全を守り続けてきた実績に基づく品質保証体制により、原料の有用性、品質や安全性から細かく調査します。調査を繰り返して製品化、工場の衛生管理は第三者の専門家が確認しています。

作業者の健康まで確認。さまざまな規格による自社管理を行っています。

原料から製造、出荷まで厳格な管理
安全と品質を第一に考える日清ファルマ

健康素材「β-グルカン」。そもそもどんなもの?

β-グルカンとは、私たちの身近にある糖の一種で、酵母や植物、海藻、キノコなど存在している成分

グルカンとは、グルコース(ブドウ糖)が多数連なって構成された物質の総称です。グルカンは天然に多くあり、植物や海藻、キノコ、酵母に存在します。具体例をあげると、米のデンプンであるアミロースや、筋肉に多く存在するグリコーゲン、紙の繊維であるセルロースなどがあり、私たちにとって大変なれ親しんだ成分です。
グルカンは大きく二つに分けられますが、その分け方は、グルコースの立体的な結びつき方によります。グルコースは5つの炭素(C)と酸素(O)の環を中心とした構造をしています。酸素から数えて1番目の炭素と隣のグルコースが下向きにつながっているのが、α型のグルカン、上向きなものをβ型のグルカンといいます。

図

多様な種類があるβ-グルカン。
欧米で豊富な研究実績を誇るのが「パン酵母由来β-グルカン」

多くの種類をもつグルカンですが、健康と関連づけていわれるグルカンは、β-グルカンをさします。β-グルカンというと、日本ではアガリクスを代表とするキノコに含まれる成分として認知されましたが、キノコだけでなく、パン酵母や黒酵母、大麦といった様々なものに含まれています。なかでもパン酵母由来のものは、欧米では大変有名です。
グルカンは、グルコースが鎖状に連なった構造をしていますが、由来とするものによって、その構造は異なります。構造の形式は、グルコースの酸素(O)から何番目の炭素(C)同士がつながっているかで分かれ、1,3結合、1,4結合、1,6結合などがあります。グルコースの連なりは、一本の鎖状のものもあれば、手足のように分岐した構造もあります。グルコースの結びつき方や数によって、β-グルカンには膨大なパターンがあるのです。

図

健康への働きが高いパン酵母由来β-グルカン。1,3/1,6 結合がポイント

パン酵母由来のβ-グルカンが知られるきっかけとなった研究は、1941年までさかのぼります。その報告とは、ピレマー博士 (Pillemer)によって発表された、パン酵母から抽出した成分に関するものです。ザイモサンと名付けられたこの成分は、1958年にβ-グルカンを50~60%含んでいることが報告され、1961年にザイモサンの体に役立つ働きは、β-1,3グルカンによるものだとディルジオ博士(DiLuzio)に確認されたのです。欧米でβ-グルカンといえば、パン酵母由来がメインです。
図

パン酵母は、パンが膨らむために必要で、紀元前3000年頃から存在し、人間にとって非常に食経験の長いものです。パン酵母の細胞壁には、1,3/1,6結合といわれる構造をしたβ-グルカンが多く含まれます。この構造は、1,3結合という主となる鎖状の構造に、1,6結合で枝分かれした側鎖がくっついた形です。この側鎖部分の適度な長さと適切な頻度が、健康への働きを高めると考えられています主鎖がβ-1,3グルカンのβ-1,3/1,6グルカンはβ-1,3グルカンと同じ意味を表すために、β-1,3グルカンと呼ぶこともあります。

※出典:「Seljelid et al,1981」

図

特許取得の抽出法を開発

パン酵母の表面を覆う余分な成分を取り除き、純度の高いβ-グルカンの抽出に成功しました
β-グルカンはパン酵母に含まれています。それなら、パンを食べればいいと思うかもしれませんが、パンの材料のうち、パン酵母の占める重量はほんのわずか。そのうえ、β-グルカンはパン酵母の固い細胞壁の中に存在するため、パンやパン酵母、生の酵母や乾燥酵母をそのまま食べてもβ-グルカンのもつ働きは期待できません。

酵母の細胞表面というのはマンナンなど他の多糖質で覆われています。そのため、β-グルカンの作用効果を得るには、β-グルカンの作用を阻害しているマンナンや他の成分を取り除く必要があるのです。

β-グルカンT顆粒の原材料となるパン酵母抽出物は、特許として登録された方法により、パン酵母の細胞壁からマンナンなどの成分を除いて抽出・精製することで、70%以上という高純度のβ-グルカン量を達成しています。

※特許第2828799
    発明の名称:酵母グルカンの製造方法
写真

商品仕様

商品名 β-グルカンT顆粒
名称 β-グルカン含有食品
内容量 36 g(1.2 g×30スティック)
保存方法 直射日光及び高温・多湿の場所を避けて
保存してください。
原材料名 パン酵母抽出物(ノルウェー製造)、でん粉、マルトデキストリン、甜茶抽出物/酒精
召し上がり方 1日1スティックを目安に、お召し上がりください。
本品は歯につきやすいので、噛まずにそのまま水と共にお召し上がりください。
栄養成分表示

ご使用上の注意

  • 原材料をご参照の上、食物アレルギーのある方は、お召し上がりにならないでください。
  • 体質が体調により、まれに発疹、胃部不快感、下痢などの症状が出る場合があります。その場合はご使用を中止、あるいは飲む頻度を減らしてください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 原料の特性上、色合いの違いなどが見られることもありますが、品質上問題ありません。
  • 薬を服用中の方、妊娠および授乳中の方は事前に医師又は薬剤師にご相談ください。
  • 固まりが見られる場合もありますが、品質上問題ありません。そのままお飲みください。
アレルギー物質(27品目中)
含んでおりません。

選べるご購入プラン

β-グルカンT顆粒

β-グルカンT顆粒

30スティック入り/約30日分
※アレルギー物質(27品目中):含んでおりません。

定期コース

7,220

10%off

19,494

※お買い物かごにて数量を「3」と選択してください。
お買い物かごに入れる

都度購入

7,220

お買い物かごに入れる

※表示価格(および送料)には別途、消費税がかかります。

定期ポイントサービス